競合他社に比べて優位に立つことができるブランディング。

企業価値をアップさせることを最終的な目標としているブランディングは形として目に見えず、消費者のマインドに企業イメージを植え付け蓄積されることによって生じる企業の差別化を図るための手段です。
ブランドイメージには客と接する社員への教育や指導、TVCMをはじめポスターやリーフレットなどの広告宣伝物、キャンペーンなどのPR活動、販売している製品やサービス、サポートセンターなどの顧客が電話での問い合わせや苦情への対応、ショップの雰囲気や建物の造り、インターネットでの情報など様々な要素があります。通常のキャンペーンは宣伝のようにすぐに効果として現れず、成果としては調査やアンケートを実施しなければなりません。企業が思い描いた理想の姿を消費者に持ってもらえれば成功です。
大企業のものだけでなく中小企業もブランドを確立に向けて行動しています。大企業のように大掛かりなものはできませんが、低予算の中でロゴを含めて企業理念をしっかりと確立しています。
目標に向けて行動をするプロセスそのものがブランド確立の本質です。ブランディングには様々なものがあり、企業をはじめ、自治体が主体になって進めるシティプロモーション、商品開発から販売戦略やPR活動を含めた商品、顧客との信頼関係をネット上で築くものなどです。進め方としては方向性の確認と意思統一、現状を把握して社内と社外での自社へのイメージをヒアリング調査、SWOT分析や魅力の発掘、そしてゴールを明確にして具体的な実行案を決めてそれを元に実施していきます。テーマを絞ってブランドを構築するとスムーズに進みます。社名変更や企業理念体系の構築、社員の士気を高める、話題を提供してマスコミに取り上げてもらうこと、見込客の掘り起こしなど細分化するとうまくいきます。様々な企業が競う中、膨大な予算と時間をかけてブランディングに取り組んでいる理由には、ブランドを確立することで好意や共感、信頼性を獲得できて継続的に購入してもらえ、安売りしなくても価値があることで競合他社に劣らず選択してもらえます。またブランド力のある企業が取引や交渉ごとなどで優位に物事を進めることができ、支出を抑えて省コストにつながります。就職時には憧れの企業として、多くの学生の支持を集めることで大勢の中から新入社員を選べることになり優秀な人材が揃いやすくなります。このように収益性アップや支出の削減、質の良い人材獲得のためには欠かすことはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*