マーケティング 

マーケティングというと市場調査という意味が強いと思いますが、私も以前マーケティングの本とか読んだことがありますが、普段行っていることがマーケティングでもあるのですが、理論がなかなか頭の中に入ってこないというのが個人的にマーケティングはあります。

 

なのでテキストみたいなコトラー教授の本を読んでも今ひとつ頭の中に入ってこないため、講義とかセミナーとかで最初は理解力を上げていくというのが良いのかもしれません。実務で行ってしまっているので必要なところと必要じゃないところを区分けしてしまう事がありますが、一応今後必要になったり本を読んだとき理解できたりすることもあるのでセミナーなど参加してみると良いかな?と思います。

 

特に大学とか会計などの専門学校を出ていない方は実際にお粉ていることがマーケティングだったりすることもあるので、一度ご自身が行っていることを客観的に理解するためにマーケティングを学んでみると良いかな?と思います。主にマーケティングを学べるのは大学などの商学部マーケティング学科とか学べますし、時間がない方は通信の大学でもマーケティングは学べます。ほかには専門職の大学院などもありますが、社団法人の日本マーケティング協会でもベーシックのマーケティング講座もあるようです。

 

社団法人などの資格では、日本販路コーディネータ協会などがあり、あとは民間資格団体になってしまいますが、選択肢は比較的多いのがマーケティングで学ぶのには困らないのが魅力です。また最近では通学したりするセミナーなどよりもe-ラーニング講習なども多く取り入れられるので自宅でのんびり学ぶことができるというのが大きな魅力でしょう。マーケティングは特に裾野が多く広がっているのでダイレクトレスポンスマーケティングやネットを使ったWEBマーケティングなどもあるので、今後集客に特化した時の活用する手段を考えて受講するのも良いですし、またブランド化したいというような商品企画の場合など多数あるので、一般的に聞かれる用語ではありながら、わかりにくい分野であると思います。

 

グローバル化している面も多くあるので国際的なマーケティングを学ぶなら、やはりアメリカとかに留学してみると良いかもしれません。フィリップ・コトラー教授がいるノースウェスタン大学のケロッグ経営大学院がマーケティングの分野でいつも1位になっているので興味がある方は留学してみると良いかもしれません。

 

そして、ラグジュアリーブランドに興味がある方は、フランスが有名です。フランスのESSECなどは有名です。高級ブランドの事を学びたい方は、ブランド品が多い強烈なこだわりの志向があるラグジュアリーブランドマーケティングを学んでみると良いかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*